調理師 の資格説明

街に沢山ある飲食店で活躍するのが調理師です。資格取得後からの修行次第で、高収入も可能です。

資格の情報ならここが一番 ↓↓↓↓↓


-----------------------------------------------------------------------------
調理師の概要

調理の仕事には、必ずしも調理師免許は、必要としませんが、採用の条件であったり、手当てが付いたりと免許取得者は何かと有利です。

調理師の資格(免許)を取得するには、厚生労働大臣指定のの養成施設で学ぶ方法と、国家試験に合格する方法があります。しかし、直接、国家試験を受験するには、2年以上の実務経験が必要となります。

しかし、実際の仕事は、調理師の資格を取得してからが本番で、現場での修行で調理に関わる技術や能力をさらに身に付けて行く事になります。

-----------------------------------------------------------------------------
調理師の資格取得方法

調理師の資格(免許)を取得するには、厚生労働大臣指定の養成所で学び方法と、直接、国家試験を受験し合格することで資格を取得する方法があります。


養成所で学び、資格を取得

 厚生労働大臣指定の養成所で、昼間なら1年、夜間なら1年半以上の過程を学ばなければいけません。卒業できれば、都道府県知事より調理師の資格(免許)が与えられることになります。

 参考:社団法人 全国調理師養成施設協会


国家試験に合格して、資格を取得

 養成所で学ばずに、資格を取得ためには、2年以上の実務経験(多人数に対して飲食物を調理して供与する施設又は営業で厚生労働省令で定めるもの(寄宿舎、学校、病院等)において、2年以上調理の業務に従事)が受験資格になります。

都道府県が実施する調理師試験に、合格すると調理師資格が、都道府県知事より与えられます。

試験科目(衛生法規、公衆衛生学、栄養学、食品学、食品衛生学、調理理論、食文化概論)



-----------------------------------------------------------------------------
調理師の仕事内容

調理師の仕事は料理を造るのが主な仕事です。
多くのレストランや日本料理店(料亭など)では多人数で作業を分担して行っています。経験や能力に応じて、作業の内容を分担して料理を造ることになります。


日本料理店の例では、追廻(おいまわし)⇒洗方⇒向板⇒焼方⇒煮方⇒脇板⇒花板と調理の技術のアップに伴いそれに見合った作業を行うことになります。

※日本料理店の場合(作業分担と呼び名):一般的な例

・追廻 :使い走りや皿洗いの雑用係。この仕事から始める事になります。
・洗方 :魚の処理や、野菜の下ごしらえなどを担当します。
・向板 :料理の盛り付けなどを担当します。
・焼方 :焼き物を担当します。
・煮方 :煮物を担当します。味付けを行う大切な役割を担うことになります。
・脇板 :板場を任されます。刺身の調理などを行います。(副調理長)
・花板 :お店を代表する調理師で、全体の指導的役割を担います。(料理長)
 

 経験を積んだ、能力のある調理師の将来は、一流料理店やレストランで活躍することが出来ます。昨今は、メディアで活躍する調理師も多くなりました。一流の調理人は高収入も可能です。
 また、独立して飲食店を開業することも出来ます。その場合は、調理師の技術だけではなく、経営者としてのノウハウも必要になってきます。


-----------------------------------------------------------------------------
調理師のまとめ


運営団体 各都道府県の衛生主管(保健所などの関係部署)
受験資格 多人数に対して飲食物を調理して供与する施設又は営業で厚生労働省令で定めるもの(寄宿舎、学校、病院等)において、2年以上調理の業務に従事実務経験が2年以上ある者
(※直接、試験を受験して資格取得を目指す場合)
学ぶ 厚生労働大臣指定の養成所で、1年以上、調理師に必要な知識と技術を学び取得する
(※無試験で資格を付与)
取得期間 1年〜2年(目安)
合格率 54.7%(2004年千葉県の例)
その他 資格取得はひとつの技術レベルの目安になります。本格的に調理の技術の習得にはさらなる経験が必要になります。一流の調理師になると、高収入、高待遇も可能です。また、各メディアでの活躍も・・・。自分で飲食店を経営することも出来ます。