製菓衛生師 の資格説明

お菓子づくりの技術・ノウハウと衛生管理のノウハウを持つ証となるのが製菓衛生師です。

資格の情報ならここが一番 ↓↓↓↓↓


-----------------------------------------------------------------------------
製菓衛生師の概要

製菓衛生師は、製菓衛生師法にも基づいた国家試験です。試験は各都道府県が行います。美味しく、安全なお菓子を作る為の知識や技術を備えた証として与えるられる資格です。

特に重要視されるのは、製菓材料の添加物などの安全性、貯蓄の為の衛生面の管理・監督といった面です。

資格を取得するには、厚生労働大臣指定のの養成施設で学ぶ、その後に試験に合格して取得する方法と、直接、国家試験を受験して資格を取得する方法があります。但し、直接、試験を受験するには2年以上の実務経験が必要となります。


消費者のニーズの多様化で、色や形、味もなど複雑になってきており、消費者を満足させる為のお菓子作りの製造過程は複雑化しています。そんな中、菓子衛生師の役割は重要です。

お菓子を作って収入を得ること目指す方は、必ず取得しておきたい資格と言えるでしょう。


-----------------------------------------------------------------------------
製菓衛生士師の資格取得方法

資格を取得するには、厚生労働大臣指定のの養成施設で学ぶ、その後に試験に合格して取得する方法と、直接、国家試験を受験して資格を取得する方法があります。


養成所で学び、その後の受験して資格を取得

 厚生労働大臣指定の養成所で、1年半以上の過程を学び、その後に、製菓衛生師の国家試験を受験し合格すれば、都道府県知事より製菓衛生師の資格が与えられることになります。

直接、試験を受験して資格を取得

 養成所で学ばずに、資格を取得ためには、2年以上の実務経験が受験資格になります。都道府県が実施する国家試験に、合格すると製菓衛生師の資格が、都道府県知事より与えられます。


試験科目(衛生法規、公衆衛生学、栄養学、食品学、食品衛生学、製菓理論、実技)



-----------------------------------------------------------------------------
製菓衛生師の仕事内容

製菓衛生士の仕事は、お菓子作りと、新たなお菓子の開発が主な仕事です。資格がなくてもお菓子の仕事は行えますが、お菓子作りの確かな知識と能力の証として、公に示すことが出来ます。特に昇進の目安や、自分のお店を開業する時には、力強い手助けとなるで資格です。


但し、資格取得はお菓子作りの基本的な知識や技術を得た、ことにしかすぎず、お菓子作りの実際のさらなる技術は、実務で学ぶことになります。お菓子作りには、見た目や色彩感覚といったセンスも要求されます。


活躍の場は、和菓子店、レストラン(パテシエ)を始め、お菓子メーカなどです。将来は、自分でお菓子のお店を開業することもできます。


-----------------------------------------------------------------------------
製菓衛生師のまとめ


運営団体 各都道府県の衛生主管(保健所などの関係部署)
受験資格 2年以上お菓子作りの関連業務に従事実務経験が2年以上ある者(実際の詳細は、各都道府県の衛生主管に要確認)または、厚生労働大臣が指定した養成所で1年以上課程を学び修了した者
学ぶ 厚生労働大臣指定の養成所で、2年以上、菓子衛生士に必要な知識と技術を学ぶ。直接、受験する場合は、独自で学ぶ。
取得期間 1年〜2年(目安)
合格率 82.8%(2004年千葉県の例)
その他 資格取得はひとつの技術レベルの目安になります。本格的にお菓子作りの技術の習得にはさらなる経験が必要になります。ヒットするお菓子作りでは、色彩、見た目のセンスが必要です。菓子メーカーなどで、ヒット商品を開発すれば高収入も可能です。お菓子のお店を開業する場合は必ず取得したい資格と言えるでしょう。