ふぐ包丁師 の資格説明

ふぐは、内臓などに猛毒が含まれいる為、一般の調理人は調理を認められていません。ふぐ包丁師は、ふぐを安全に調理する知識と技能を持ってる証の資格です。

資格の情報ならここが一番 ↓↓↓↓↓


-----------------------------------------------------------------------------
ふぐ包丁師の概要

ふぐは、大変に美味しい魚で有名ですが、内臓などに猛毒を持つことでも知られている魚です。そんなふぐを安全に調理する知識と技能を持ってるいる事の証が、ふぐ包丁師の資格です。

資格取得には、各都道府県が行う試験に合格して、ふぐ包丁師に免許(資格)を申請しなければいけません。

特別な技術と知識を必要とする為、需要は多く、普通の調理人より資格取得者が優遇される場合があります。


-----------------------------------------------------------------------------
ふぐ包丁師の資格取得方法

資格を取得するには、各都道府県の衛生主管課が実施する試験に合格し、免許の交付を申請しなければいけません。但し、試験要綱については、各都道府県で若干異なります。


調理学校で学び、受験して資格を取得

 ふぐ包丁師に必要な知識と技術を、調理学校(調理師の養成所)で、調理師の資格と平行して共に学び、各都道府県の衛生主管課が実施する試験を受験し合格し、資格を取得する。(都道府県によっては、実務経験が必要な場合があります)

直接、試験を受験して資格を取得

 特に学校などで学ばずに、実務経験を通して、有資格者などから学び、各都道府県の衛生主管課が実施する試験を受験し合格し、資格を取得する。また、都道府県によっては講習会を実施しています。


試験科目

  学科:ふぐに関する一般知識、衛生法規、栄養学、料理理論など
  実技:ふぐの種類及び臓器鑑定、取扱い実技
     


-----------------------------------------------------------------------------
ふぐ包丁師の仕事内容

ふぐ包丁師が活躍する場は主に、ふぐ料理専門店をはじめ、日本料理店、ホテル、旅館といった施設です。ふぐ料理は、一般に高級で高額です。ふぐ料理を調理できるふぐ包丁師は、一般の調理師より高待遇の場合も多いようです。

もちろん、就職や転職では、非常に評価の高い資格となります。

また、自分で飲食店を経営する場合も、ふぐ料理が提供できますので、お店の幅も広がるでしょう。

一流の日本料理の調理師を目指すのあれば、取得しておきたい資格と言えます。


-----------------------------------------------------------------------------
ふぐ包丁師のまとめ


運営団体 各都道府県の衛生主管課
 
受験資格 特になし
学ぶ 各都道府県主催の講習会、または、有資格者からの直接指導
取得期間 実力次第
合格率 35.5%(2005年神奈川県の例)
その他 ふぐ調理のスペシャリストとして、飲食店では非常に評価される資格。有資格者は、高待遇される場合もあり。