家庭料理技能検定 の資格説明

家庭料理技能検定とは、栄養学と料理学を組み合わせた実践的な文部科学省認定の資格です。

資格の情報ならここが一番 ↓↓↓↓↓


-----------------------------------------------------------------------------
家庭料理技能検定の概要

家庭で一般に必要となる料理の技能レベルを認定する資格で、家庭における料理に関連する知識の普及とその技術の向上を目的に文部省が認定した資格です。

1級(プロレベル)から4級(基本的レベル)まで有ります。1級程度になると、家庭料理教室などを開業できるレベルとなります。


受験資格は特になく、一般の方も自己啓発や料理の技能を試すとして目指す方も多いようです。



-----------------------------------------------------------------------------
家庭料理技能検定の資格取得方法

資格を取得するには、 筆記試験及び、実技試験に合格すれば取得できます。受験資格は特にありません。

学び方

 講習会や通信講座を受講することが出来ます。また、参考書なども出版されているので独学で学ぶことも出来ます。

各級のレベル

 ・1級:和・洋・中国料理に応じた高度な技術で家庭料理が出来る 
 ・2級:高度な技術を用いて家庭料理が出来る
 ・3級:通常の家庭料理が出来る
 ・4級:初歩の技術と基本的な調理法

合格率は1994年度の場合、4級と3級は80〜90%ですが、2級は31%、1級は19%とかなり低く、非常にハードルが高いと言えます。合格すれば、価値ある資格といえるでしょう。

試験科目(献立作成、調理方法、食品成分、食品衛生など、及び実技)



-----------------------------------------------------------------------------
家庭料理技能検定資格取得者の仕事内容

 一般の方が家庭料理のスキルアップを目指して資格取得を目指した場合は、各自家庭で、料理に腕を振るう事になります。但し、1〜2級の資格保持者は、高度な家庭料理の知識と技術を持っているので、料理教室などを開業するのに大いに役立ちます。



-----------------------------------------------------------------------------
家庭料理技能検定のまとめ

運営団体 (学)香川栄養学園家庭料理技術検定委員会
〒170-8481
東京都豊島区駒込3-24-3
03-3917-8230
 
受験資格 特になし
学ぶ 運営団体主催の講習会、通信講座がある。

取得期間 実力次第。運営団体主催の通信講座(家庭料理検定基礎編)は、3ヵ月。
合格率 82.4%(2005年4級の例)
その他 家庭料理の実力アップを目的に資格取得を目指す方から、料理教室を開業する方まで幅広い資格。1級レベルはプロレベルの高度な技術が必要。