食品衛生責任者 の資格説明

食中毒などの衛生に関するトラブルを防ぐ為に、食品の衛生を保つ責任者としての責務を担う資格です。

資格の情報ならここが一番 ↓↓↓↓↓


-----------------------------------------------------------------------------
食品衛生責任者の概要


食品の製造や販売、飲食店などの食品に関わる事業所には必ず、食品衛生責任者が必要です。

資格を取得するには、各都道府県の衛生局等あるいわ保健所の養成講習会を受講することにより資格を取得できます。但し、栄養士、調理師、製菓衛生師などの資格保持者は、そのまま食品衛生責任者の有資格者になれます。

飲食店の開業には、営業許可と共に必要な資格なので、受講者数が大変に多い資格です。但し、養成講座を受講すれば、ほぼ100%取得できる資格でもあります。



-----------------------------------------------------------------------------
食品衛生責任者の資格取得方法

資格を取得するには、 講習会を修了すれば資格を得られます。

講習会を受講して資格を取得

 各都道府県の衛生主管が行う、食品衛生責任者の養成講習会に参加し修了すれば資格を取得できます。講習内容は、衛生法規、公衆衛生学、食品衛生学を1日で受講します。

上位資格保持者は、そのまま有資格者となる

 次の資格保持者は、そのまま食品衛生責任者の有資格者となれます。

 ・調理師
 ・栄養士
 ・製菓衛生士
 ・食鳥処理衛生管理者
 ・船舶料理人
 ・食品衛生管理者


-----------------------------------------------------------------------------
食品衛生責任者の仕事内容


食品衛生責任者の仕事は、次の通りです。

 ・従業員への衛生指導
 ・施設の衛生管理
 ・設備の衛生管理

資格の取得が直接、就職や収入に結びつく資格ではありません。飲食店を開業するためには不可欠な資格です。



-----------------------------------------------------------------------------
食品衛生責任者のまとめ

主催団体 各都道府県の衛生局など
 
受験資格 特になし、但し、17歳以上(現役高校生は除く)
学ぶ 主催団体の講習会(6時間)で学ぶ。講習会を修了すれば資格取得
取得期間 1日(6時間):(目安)
合格率 100%(講習会を修了すれは資格取得)
その他 飲食店を開業するには、必要な資格、栄養士、調理師、製菓衛生士、食鳥処理衛生管理者、船舶調理師及び、食品衛生管理者は、そのまま食品衛生責任者の有資格者となれる