惣菜管理士 の資格説明

惣菜の製造から流通、販売に掛かる知識と技術のレベルの証となる資格です。

資格の情報ならここが一番 ↓↓↓↓↓


-----------------------------------------------------------------------------
惣菜管理士の概要

惣菜の質の向上と普及及び、食生活の豊かさの推進を目的に(社)日本惣菜協会が実施する資格試験です。惣菜の製造から流通、販売に関わる知識と技術のレベルを検定する資格です。試験は、1級〜3級まであります。


現代では、ライフスタイルの変化や食に対する嗜好の多様化に伴い、惣菜産業も拡大しています。そんな中、惣菜管理士は、惣菜産業の質の向上や普及に大切な役割を担っています。



-----------------------------------------------------------------------------
惣菜管理士の資格取得方法

資格を取得するには、 資格を取得するには、惣菜の製造、流通、販売に従事している者を対象とした、惣菜管理士養成研修を受講し、修了後に筆記試験を受け合格する必要があります。

惣菜管理士養成研修を受講する。

 試験を受けるにはまず、惣菜の製造、流通、販売に従事している者を対象とした、惣菜管理士養成研修を受講しなければいけません。研修は、9月から翌年3月にかけて概ね1ヶ月で1科目、全課程7ヶ月間のテキストによる通信教育研修で、1科目修了ごと(毎月末)にその科目のテストを行ないます。

養成研修の受講資格は以下の通りです。

・3級

  惣菜の製造、流通、販売等のお仕事に従事する方
  栄養士、調理師、その他それらに準ずる資格を有する方
  大学、短期大学、専門学校において食品・栄養等に関する部・科を
  終了した方(修了する見込みのある方を含みます。)   
  その他当協会の会長が受講を認める方

・2級

  三級惣菜管理士を修了した方管理栄養士の資格を有する方
  管理栄養士の資格を有する方

・1級

  二級惣菜管理士を修了した方


惣菜管理士試験を受験する。

 受験資格は、受けようとする惣菜管理士試験と同級の惣菜管理士養成研修を修了している方です。試験は、養成研修の履修科目について、筆記試験により行います。


受講科目(3級:食品衛生行政と法規、主要原材料論、食品貯蔵の基礎、栄養学(総論)など)


-----------------------------------------------------------------------------
惣菜管理士の仕事内容

惣菜の製造、流通、販売に従事して人を対象としたスキルアップの資格です。資格取得者は、資格手当てなども期待出来ます。惣菜総合のスペシャリストとして現場全体の管理を行うような高レベルの仕事を行う事になります。



-----------------------------------------------------------------------------
惣菜管理士のまとめ

主催団体 (社)日本惣菜協会
〒101-0083
東京都千代田区麹町4-5-10
麹町アネックス6F
0120-05-0957

 
受験資格 惣菜の製造、流通、販売に従事している者を対象とした、惣菜管理士養成研修を受講し、修了後に筆記試験を受け合格する必要があります。
学ぶ 受験するには惣菜管理士養成研修を受講しなければいけません。研修は、9月から翌年3月にかけて概ね1ヶ月で1科目、全課程7ヶ月間のテキストによる通信教育研修で、1科目修了ごと(毎月末)にその科目のテストを行ないます。
取得期間 7ヵ月(目安)
合格率 74.6%(3級:2005年の例)
その他 惣菜の製造、流通、販売までの惣菜に関わる全体の実力の証明として取得する資格。