ソムリエ の資格説明

ワインと料理についての知識とサービスのレベルを認定する資格です。

資格の情報ならここが一番 ↓↓↓↓↓


-----------------------------------------------------------------------------
ソムリエの概要

ソムリエは、ワインや料理の組み合わせに関する情報提供はもちろんのこと、飲み物全般の仕入れ、保管など飲み物全般の業務を担当します。また、海外では、権威のある資格とされています。ソムリエの資格保持者は、確かな味覚と技能を持っていることの証明になり、お客さんからの信頼も厚く、ホテルやレストランからの注目も高い資格です。

資格を取得するには、(社)日本ソムリエ協会の試験に合格しなければいけません。受験資格は、飲食サービス業(アルコール飲料)の実務経験が必要で現在も従事してるこことが条件になります。

ソムリエの資格には、上位資格として、シニアソムリエ、マスターソムリエがあります。ともに、ソムリエ資格を取得後、十分な実務経験が必要なります。

日本からも世界一ソムリエが誕生したりと、世間一般にソムリエが認知されてきました。



-----------------------------------------------------------------------------
ソムリエの資格取得方法

資格を受験するには、 飲料サービス業(アルコール含む)の実務経験が5年以上で、現在も従事してることが必要です。但し、(社)日本ソムリエ協会の会員は、3年以上の会員暦で3年以上の実務経験で受験が出来ます。

学び方

 (社)日本ソムリエ協会主催の通信講座で学んだり、民間のスクールなどで学ぶこともできます。但し、基本は、実務で学び取ることになります。試験当日には事前講習会が行われます。

試験日程

  試験は、一次試験(基本技術講習会・一次試験)と、2次試験があります。

上位資格

・シニアソムリエ

 ワイン、アルコール飲料を提供する飲食サービス業に従事している方 。
 (1)ソムリエ資格取得後3年以上経過
 (2)ワイン及びアルコール飲料を提供する飲食サービス業を通算10年以上
   経験し現在も従事
 (3)シニアソムリエ講習会を受講

 上記三つの要件をすべて満たし、協会が実施する資格試験に合格した方。

・マスターソムリエ

 シニアソムリエとして20年の経歴者に対して功績が認められたものに与えられる。

関連資格

 関連資格として次の資格ががあります。ソムリエと同様に、(社)日本ソムリエ協会が実施しています。

・ワインアドバイザー
 ワイン、アルコール飲料の輸入、販売等に従事している方を対象とした資格です。

・ワインエキスパート
 一般のワイン愛好家の方を対象とした資格です。


-----------------------------------------------------------------------------
ソムリエの仕事内容

ソムリエの資格を取得することで、ソムリエとして認知されます。仕事内容は、主に料理に合ったワインを紹介することですが、ソムリエの仕事は、お客様の生の要求を理解し手際良く行動する」という事が仕事の中心になります。その他、飲み物全体の管理、仕入れなども担当します。





-----------------------------------------------------------------------------
ソムリエのまとめ

主催団体 (社)日本ソムリエ協会
〒101-0042
東京都千代田区神田東松下町17-3
日本ソムリエ協会ビル4F
03-3256-2020
受験資格 実務経験(現在も従事)が5年必要(会員は、3年)。
学ぶ 協会主催の講習会、通信教育で学べる。各専門学校でも学ぶ事が出来る。
取得期間 努力次第。
合格率 46.5%(2005年の例)。
その他 ワインが一般家庭にも広まり、愛好者も多くなったことでソムリエに対する認知度は高まった。資格保持者はレストランやホテルなど、活躍できる場は多い。