栄養士 の資格説明

多数の方に、バランスの取れた食事を提供する施設(学校、福祉施設、就職センターなど)で献立や衛生管理などを行う資格です。

資格の情報ならここが一番 ↓↓↓↓↓


-----------------------------------------------------------------------------
栄養士の概要

多人数の人に食事を提供する施設(介護施設、福祉施設、学校、医療機関、給食センターなど)で、栄養のバランスを考えた献立を考えたり、食事の管理や指導を行うのが栄養士の主な仕事です。

栄養士の資格を取得するには、厚生労働大臣指定の、養成所で学ぶ修了すれば、無試験で資格を取得できます。

栄養士として実務経験を積むと、上位資格である管理栄養士の取得も出来ます。


-----------------------------------------------------------------------------
栄養士の資格取得方法

養成所で学ぶ

 厚生労働大臣指定の養成所で学び修了すれば、無試験で資格を取得できます。(卒業後に、各都道府県に申請する)。養成所は、昼間のみで、通信講座などはありません。

 参考:全国栄養士養成施設協会



-----------------------------------------------------------------------------
栄養士の仕事内容

栄養士の仕事は大きく分けると、「栄養指導」と「給食管理」です。「栄養指導」は、生活習慣病の治療や予防の為の献立や調理法の指導を行うものです。「給食管理」は、多人数に食事を提供する施設(医療機関、学校、福祉施設など)でバランスのとれた献立作成や調理の指導などを行うものです。





-----------------------------------------------------------------------------
栄養士のまとめ

主催団体 (社)全国栄養士養成施設協会
〒170-0004
東京都豊島区北大塚1-16-6
03-3918-1022
受験資格 特になし。
学ぶ 厚生労働大臣指定の養成施設を卒業すれば資格を取得できる。通信教育は認可されていない。
取得期間 2年以上。
合格率 100%(養成施設を修了すれば資格取得)。
その他 多人数の人に、食事を提供する、学校や給食センター、医療機関などで活躍。