家庭料理技能検定 家庭料理技能検定の資格取得方法

--------------------------------------------------------------------

家庭料理技能検定とは、栄養学と料理学を組み合わせた実践的な文部科学省認定の資格です。

家庭料理技能検定の概要 
家庭料理技能検定の資格取得方法 
家庭料理技能検定資格取得者の仕事内容 
家庭料理技能検定のまとめ 


資格の情報ならここが一番 ↓↓↓↓↓
--------------------------------------------------------------------

家庭料理技能検定の資格取得方法

資格を取得するには、 筆記試験及び、実技試験に合格すれば取得できます。受験資格は特にありません。

学び方

 講習会や通信講座を受講することが出来ます。また、参考書なども出版されているので独学で学ぶことも出来ます。

各級のレベル

 ・1級:和・洋・中国料理に応じた高度な技術で家庭料理が出来る 
 ・2級:高度な技術を用いて家庭料理が出来る
 ・3級:通常の家庭料理が出来る
 ・4級:初歩の技術と基本的な調理法

合格率は1994年度の場合、4級と3級は80〜90%ですが、2級は31%、1級は19%とかなり低く、非常にハードルが高いと言えます。合格すれば、価値ある資格といえるでしょう。

試験科目(献立作成、調理方法、食品成分、食品衛生など、及び実技)