フードコーディネーター フードコーディネーターの資格取得方法

--------------------------------------------------------------------

フードコーディネートの知識と技術のレベルを検定する資格です。

フードコディネーターの概要 
フードコーディネーターの資格取得方法 
フードコーディネーターの仕事内容 
フードコーディネーターのまとめ 


資格の情報ならここが一番 ↓↓↓↓↓
--------------------------------------------------------------------

フードコーディネーターの資格取得方法

資格を取得するには、 資格試験に合格すれば取得できます。3級の場合、受験資格は特にありません。2級を受験できるのは、3級の合格者に限られます。

学び方

 日本フードコーディネーター協会が主催する講習会が全国で開催されています。試験対応テキストが一般の書店でも販売されています。また、認定校制度もあり、該当の短大や専門学校でも学ぶことが出来ます。

各級のレベル

 ・1級:現在実施なし
 ・2級:深い専門知識と経験を問う(プロへの登竜門)
 ・3級:基本的な知識を問う


合格率は1994年度の場合、3級は91%と比較的に合格し易いですが、2級は1次・55%、2次は35%とかなり低く、非常にハードルが高いと言えます。合格すれば、フードコーディネーターのプロとして活躍できるレベルといえるでしょう。

試験科目

・3級:デザインアート、経済・経営、科学、文化(調理師、栄養士、管理栄養士、製菓衛生士は、科学及び文化は免除)

・2級:1次(レストランプロデュース、食の食品開発、ポスピタリティー&ライフサポート、食のイベント・メディア)。2次(専門分野を選択)