焼酎アドバイザー 焼酎アドバイザーの資格取得方法

--------------------------------------------------------------------

焼酎の幅広い知識と料理との相性を理解し、人々にアドバイスする事が出来る能力を持ってる証の資格です。

焼酎アドバイザーの概要 
焼酎アドバイザーの資格取得方法 
焼酎アドバイザーの仕事内容 
焼酎アドバイザーのまとめ 


資格の情報ならここが一番 ↓↓↓↓↓
--------------------------------------------------------------------

焼酎アドバイザーの資格取得方法

資格を取得するには、受験資格を得る為に日本酒サービス研究会・酒匠研究連合会(SSI)が主催する講習会を受講しその後、試験に合格しなければなりません。試験の内容は、筆記試験、テイステング、企画書作成があります。

受験資格取得

 日本酒サービス研究会・酒匠研究連合会(SSI)が主催する、以下の講習会を受講又は修了しなければいけません。

 ・受験資格認定講習会の受講
 ・受験対策コース又は、VTR受講コース修了

学び方

 日本酒サービス研究会・酒匠研究連合会(SSI)が主催する講習会や、通信講座などで学ぶ事ができます。

試験内容

 ・筆記試験(焼酎に関する知識)

 ・企画書作成

 ・テイスティング(利酒)

 ※テイスティングとは

  酒の香味や酒の個性を把握し、さまざまな提供方法や料理との相性を判別すること。