ワインエキスパート の資格説明

一般のワイン愛好家の向けに創設された資格で、ワインの知識と品質判定の実力を認定する資格です。

資格の情報ならここが一番 ↓↓↓↓↓


-----------------------------------------------------------------------------
ワインエキスパートの概要


ワインの資格には、ソムリエやワインアドバイザーがありますが、いづれもプロの資格でした。一般のワイン愛好家向けに創設されたのが、ワインエキスパートの資格です。最近のワインブームにより受験者の増加している資格です。

ワインエキスパートを取得するには、(社)日本ソムリエ協会が主催する試験に合格しなければいけません。試験内容は、ワインについての知識と臭覚、味覚の能力が問われます。



-----------------------------------------------------------------------------
ワインエキスパートの資格取得方法

資格を取得するには、 筆記試験及び、実技試験(口頭・利き酒)に合格すれば取得できます。受験資格は特にありませんが、20歳以上でなければいけません。。

学び方

 (社)日本ソムリエ協会主催の通信講座で学んだり、民間のスクールなどで学ぶこともできます。試験当日には事前講習会が行われます。

試験日程

  試験は、一次試験(基本技術講習会・一次試験)と、2次試験(口頭試問・利き酒)があります。




-----------------------------------------------------------------------------
ワインエキスパート の仕事内容

ワインエキスパートは、一般ワイン愛好家の為の資格ですが、料理関係に携わる人であれば、ワインの確かな知識と味覚を持つ証明になり、十分なアピールポイントになります。








-----------------------------------------------------------------------------
ワインエキスパートのまとめ

主催団体 (社)日本ソムリエ協会
〒101-0042
東京都千代田区神田東松下町17-3
日本ソムリエ協会ビル4F
03-3256-2020
受験資格 20歳以上
学ぶ 協会主催の通信教育で学べる。各専門学校でも学ぶ事が出来る。
取得期間 努力次第。
合格率 49.1%(2005年の例)。
その他 ワインブームで人気の資格。女性の取得者が多い。