ビアテイスター の資格説明

ビールのソムリエと呼ばれる資格です。地ビールが人気となり活躍の場が多くなりました。

資格の情報ならここが一番 ↓↓↓↓↓


-----------------------------------------------------------------------------
ビアテイスターの概要

ワインの専門家として、ソムリエが有名ですが、ビールのソムリエと言えるのが、ビアテイスターです。ビールの選び方や飲み方をアドバイスするのが仕事になります。世界で70種類以上あるビールについての知識やさまざまな観点(五感)から味や品質を評価する知識や能力が求められます。

資格取得には、日本地ビール協会の会員である事が必要で、資格取得の為の講習会を受講し試験を受け合格しなければいけません。

ビールの人気はあいかわず絶大で、嗜好の多様化で地ビールなど色々なビールを飲む機会もあり、ビアテイスターの活躍の場は今後、増えるでしょう。



-----------------------------------------------------------------------------
ビアテイスターの資格取得方法

資格を取得するには、 講習会を受講し試験に合格すれば取得できます。受験資格は、日本地ビール協会の会員でなければいけません。受験時に入会する事ができます。

学び方

 テキストが受験申込み後に送付されていくる。試験と同日に行われる講習会で学びます。基礎クラスである、「ビアテイスタークラス」は初心者でも理解できる内容です。

試験日程

  試験は、事前講習会と試験を、一日で行います。




-----------------------------------------------------------------------------
ビアテイスターの仕事内容

ビアテイスターの活躍の場は、ビールを扱う飲食店が中心となります。最近の志向の多様化、本物志向化などビアテイスターが活躍する場がますます増えるでしょう。地ビールを提供する場では、ビアテイスターの称号は、お客様に対して大きなアピールポイントとなります。







-----------------------------------------------------------------------------
ビアテイスターのまとめ

主催団体 日本地ビール協会
〒662-0072
兵庫県西宮市豊楽町11-22-203
03-3256-2020
受験資格 日本地ビール協会課会員であること(受験時、入会すればよい)
学ぶ 受験を申請すると、テキストが送付されてる。試験前に事前の講習会が実施される。
取得期間 1日(目安)
合格率 約85%。
その他 地ビールのソムリエと呼べる資格。