焼酎アドバイザー の資格説明

焼酎の幅広い知識と料理との相性を理解し、人々にアドバイスする事が出来る能力を持ってる証の資格です。

資格の情報ならここが一番 ↓↓↓↓↓


-----------------------------------------------------------------------------
焼酎アドバイザーの概要

焼酎は大変な人気になりました。焼酎には沢山の種類や味があり一般の方には種類選びで分かりづらい面があります。焼酎アドバイザーは、どんな料理に合うのか、どんな飲み方が美味しく飲めるのかなどのアドバイスをすることが主な仕事になります。

資格を取得するには、日本酒サービース研究会・酒匠研究会連合が主催する、講習会を受講しその後、試験に合格する必要があります。

飲食店でのアドバスはもとより、酒造メーカーや酒類の販売でも活躍の場があります。さらに、一般の人も焼酎愛好家の方が資格を取得するケースもあります。



-----------------------------------------------------------------------------
焼酎アドバイザーの資格取得方法

資格を取得するには、受験資格を得る為に日本酒サービス研究会・酒匠研究連合会(SSI)が主催する講習会を受講しその後、試験に合格しなければなりません。試験の内容は、筆記試験、テイステング、企画書作成があります。

受験資格取得

 日本酒サービス研究会・酒匠研究連合会(SSI)が主催する、以下の講習会を受講又は修了しなければいけません。

 ・受験資格認定講習会の受講
 ・受験対策コース又は、VTR受講コース修了

学び方

 日本酒サービス研究会・酒匠研究連合会(SSI)が主催する講習会や、通信講座などで学ぶ事ができます。

試験内容

 ・筆記試験(焼酎に関する知識)

 ・企画書作成

 ・テイスティング(利酒)

 ※テイスティングとは

  酒の香味や酒の個性を把握し、さまざまな提供方法や料理との相性を判別すること。



-----------------------------------------------------------------------------
焼酎アドバイザーの仕事内容

焼酎アドバイザーの資格取得者は、焼酎の豊富な知識と確かな味覚を持つ証明となり、消費者へのアピールは非常に高いものがあります。 飲食店は、料理に合う酒のアドバイスはもとより、楽しく、おいしく焼酎を飲む為の演出を行います。 販売店では、豊富な知識で焼酎選びのアドバイスやおいしい飲み方を提案していきます。

嗜好の多様化で、今後ますます活躍の場が広がる資格です。



-----------------------------------------------------------------------------
焼酎アドバイザーのまとめ

主催団体 日本酒サービス研究会・酒匠研究会連合(SSI) 事務局
〒114-0004
東京都北区堀船12-19-19
03-5390-0715
受験資格 SSI主催の受験資格認定講習会、受験対策コース、VTR受験コースを修了した者。
学ぶ SSI主催の受験資格認定講習会、受験対策コース、VTR受験コースを受講
取得期間 1ヵ月〜(目安)
合格率 約77.0%(2004年の例)。
その他 酒類のメーカーや販売店、飲食店に勤める人の取得者が多い。近年は、愛好家の取得も増えている。