ティーインストラクター の資格説明

紅茶の美味しい飲み方や知識を世間一般に教えるのがティーインストラクターです。

資格の情報ならここが一番 ↓↓↓↓↓


-----------------------------------------------------------------------------
ティーインストラクターの概要

紅茶の普及を目的に、美味しい入れ方や紅茶の知識を指導するのが、ティーインストラクターです。資格には、ジュニアとシニア、マスターがあります。

資格(ジュニア)を取得するには、日本紅茶協会が主催する養成研修を修了して試験に合格すれば取得できます。シニアを受験するには、ジュニアの資格を取得後、実務経験5年以上、マスターの資格を受験するには15年以上の実務経験が必要です。

紅茶の愛好家が増えているので。養成研修の定員をオーバーするほどの人気の資格となっています。

-----------------------------------------------------------------------------
ティーインストラクターの資格取得方法

資格を取得するには、 日本紅茶協会主催の養成研修を修了し、資格試験(ジュニア)に合格すれば取得できます。シニアを受験できるのは、ジュニア取得後、実務経験5年以上が必要です。

学び方(ジュニア)

 日本紅茶協会が主催する、養成研修で学ぶ事ができます。6科目40単位の過程を、1年で学びます。

資格の種類

 ・マスター
日本ティーインストラクター2級(シニア)の資格を取得し、紅茶業界での諸活動を通じて10年以上の実務経験を有し、日本紅茶協会の資格認定委員会で、その人格、識見、並びに実績が公正に認められた者を「日本ティーインストラクター1級(マスター)」として認定されます。

 ・シニア
日本ティーインストラクター3級(ジュニア)の資格を取得した後、5ヶ年間以上の実務経験と日本紅茶協会が定める受験資格(海外研修を含む)を有するものを対象に資格認定試験を実施し合格すれば、「日本ティーインストラクター2級(シニア)」として認定されます。

 ・ジュニア
日本紅茶協会が定める規定の単位(年間40単位 )を習得し、資格認定試験に合格した者を「日本ティーインストラクター3級(ジュニア)」として認定されます。


試験科目

 紅茶の知識、紅茶の正しい入れ方などの技術など




-----------------------------------------------------------------------------
ティーインストラクターの仕事内容

紅茶の関連する確かな知識と技術を持つ証としてとてもアピールできる資格です。 紅茶の販売店などでは、お茶選びのアドバイスやおいしい飲み方などをアドバスします。 さらに、紅茶教室の開催、学校・カルチャースクール等各種講習会で講師なども行なえます。


-----------------------------------------------------------------------------
ティーインストラクターのまとめ

主催団体 日本紅茶協会
〒105-0021
東京都港区東新橋2-8-5
日本紅茶業ビル6F
03-3431-6509
受験資格 ジュニア:日本紅茶協会が定める養成研修を修了。
シニア :ジュニアを取得後、実務経験5年以上。
学ぶ 日本紅茶協会の一年間の養成研修で学ぶ(ジュニア)
取得期間 1年〜(目安)
合格率 約85.1%
その他 紅茶に携わる業者の取得が多いが、最近は、一般の人の取得が増加している。