バーテンダー の資格説明

バーテンダーとしての知識や技能のレベルを認定する資格です。

資格の情報ならここが一番 ↓↓↓↓↓


-----------------------------------------------------------------------------
バーテンダーの概要

バーテンダーは、アルコールを提供する飲食店で、主にカクテルなどの提供、及び接客を行います。カクテルの種類は非常に沢山あり、また、オリジナルの創作カクテルなども合わせると非常に多岐に渡ります。その知識と技術は幅広く評価の高い資格です。バーテンダーの資格は、経験や能力レベル経験にあわせて3段階あります。


バーテンダー技能競技会などで才能を開花させることができれば、高収入も期待できる資格です。



-----------------------------------------------------------------------------
バーテンダーの資格取得方法

資格を取得するには、(社)日本バーテンダー協会が主催する試験に合格しなければいけません。但し、第一段階である、NBA認定バーテンダー資格証書は、1年以上の実務経験者で20歳以上であれば、面接と協会認定の研修を修了すれば、資格を取得できます。但し、日本バーテンダー協会の会員であることが条件です。

学び方(NBA認定バーテンダー資格証書)

 (社)日本バーテンダー協会が主催する、セミナーや研究会で学ぶとともに、実務の現場で学んでいくことになります。

 第一段階である、NBA認定バーテンダー資格証書は、1年以上の実務経験者で20歳以上であれば、面接と協会認定の研修を修了すれば、資格を取得できます。


関連資格

 ・NBA認定バーテンダー技能検定合格証書
 協会在籍3年以上、実務経験5年以上で、NBA認定バーテンダー資格証書保有者であり、満23歳以上の者が受験できます。

 ・IBA認定インターナショナル・バーテンダー資格証書
 協会在籍6年以上、実務経験7年以上で、NBA認定バーテンダー技能検定合格証書を取得して2年以上が経過した、満25歳以上の者が受験できます。



-----------------------------------------------------------------------------
バーテンダーの仕事内容

バーテンダーとしての確かな知識と技術を持つ証としてとてもアピールできる資格です。 カクテルを作ることが主な仕事ですが、プロのサービスと巧みな話術で、お客さんを楽しませるのもバーテンダーの大切な仕事です。

実際の実務を通じて、技能を磨いて上位資格を取得したり、バーテンダー技能大会に入賞することで収入アップも可能です。


-----------------------------------------------------------------------------
バーテンダーのまとめ

主催団体 ・(社)日本バーテンダー協会
〒100-0006
東京都千代田区有楽町2-3-6
マスヤビル9F
03-3371-2473
受験資格 日本バーテンダー協会の会員であること。会員への入会資格は、実務経験が1年以上。
学ぶ 日本バーテンダー協会が実施するセミナーや研究会で学ぶ。
取得期間 認定の為の研修時間は6時間以上(NBA認定バーテンダー資格証書)
合格率 約90%
その他 バーテンダーを目指すのであれば必ず取得したい資格、コンクールなどで優勝すれば高収入可能。