介護福祉士国家試験の試験問題(過去問題集)、参考者、教本、テキストなどの本を紹介
お気に入りに追加

 ■介護福祉士の役割と仕事内容 (by 介護福祉士の試験問題(過去問題集)など本を紹介)

介護福祉士は、日常生活を営むのに支障がある高齢者や障害者の入浴、排泄、食事などの介護を行う。また本人や介護者に対しての介護に関する指導を行う役割を担っています。活躍の場は、老人ホームや養護施設、シルバー関連のサービス業などです。

仕事内容は、食事・排泄・入浴の介護が中心で、その繰り返しである。その為、仕事内容は肉体労働であり体力が必要な仕事です。また、けっして意思の疎通がたやすいとは言えない環境でのコミニュケーションの問題や、施設というとした世界での毎日となり精神的にもタフさが要求される。勤務は、夜勤を含む変則勤務となる場合が多い。

介護福祉士の仕事は、ひとによって向き不向きがある仕事です。ですが「相手に喜ばれ、社会的にも意義のある仕事」であることは明白です。





 ■介護福祉士とホームヘルパーの違いは?

介護福祉士は、主に建物内(老人ホームなどの施設)で、介護するのに対して、ホームヘルパーは、その名の通り、「在宅介護」の資格です。高年齢者や障害者の自宅で、日常生活をヘルプするのが役割です。

また、介護福祉士は、れっきとした国家資格であるのに対して、「ホームヘルパー」は、国の定めた養成研修を修了したことを認定したものにすぎません。




TVでおなじみの生涯学習のユーキャン!ユーキャンの「介護福祉士講座」を調べて見ませんか?

特徴:
イラストや表組みを豊富に使ってわかりやすく解説してあるので、学習が初めてでも安心!
過去の傾向を徹底的に分析し、よく出るところに的を絞っての学習が可能です。


1日60分程度でこなせる量が1レッスンに設定されているので、仕事や家事の合間、おやすみ前…などの空き時間に学習しやすい! ・ 学校に通わずに、わずか6ヵ月でマスター可能。

 無料で資料請求できます。思いたったら吉日、即実行!


TVでおなじみの生涯学習のユーキャン!ユーキャンの「介護福祉士座」を調べて見ませんか?、資料請求から始めてください♪
「失敗しないための、自分にあった学校の探し方とは?」
その答えはとってもカンタン。
たくさんの学校の情報を収集することです。学校の情報収集は、学校へ資料を請求するのが一番!

あなたも今すぐ情報収集を始めませんか?とっても簡単に、専門学校やスクールの資料が請求できます。
もちろん、資料・送料とも無料!



このページのトップに戻る
『介護福祉士の試験問題(過去問題集)・テキストなど本を紹介』
Copyright 2006 介護福祉士の試験問題(過去問題集)・テキストなど本を紹介 All rights reserved.