中小企業診断士の試験情報やテキスト、過去問題集や通信講座などを紹介
お気に入りに追加

 ■中小企業診断士とは? 
      (by 中小企業診断士資格試験の情報やテキスト・問題集・講座)

中小企業の経営課題に対応するための診断・助言を行う専門家を言います。中小企業支援法に基づいて経済産業大臣が登録する資格で、中小企業支援法では、次のように位置づけられています。

 1.経営資源を確保するための業務に従事する者
   (公的支援事業に限らず、民間で活躍する経営コンサルタント)
 2.業務は「経営の診断及び経営に関する助言」
 3.法律上の国家資格


資格を取得した者の活躍の場は、大きく分けて3種類の選択肢が考えられます。

・企業内診断士として企業内の各セクションで働く
・コンサルティングファームと呼ばれるコンサルタント専門企業のスタッフとして働く
・独立開業

高度な経営戦略が求められる今日、経営のプロである診断士へのニーズはさらに高まっています。




 ■中小企業診断士試験について
       (by 中小企業診断士資格試験の情報やテキスト・問題集・講座

中小企業診断士試験は、中小企業支援法第12条の規定に基づき国(経済産業省)が実施する国家試験です。指定試験機関である社団法人中小企業診断協会が実施しています。 試験は第一次試験と第二次試験に分かれています。

◎1次試験:
科目合格制が導入され、「経済学」、「経済政策」、「財務」、「会計」、「企業経営理論」などの7科目にいて、多岐選択式、または短答式による筆記試験が行われ、3年以内に7科目すべて合格すればよい。

◎2次試験:
中小企業の診断や助言に関する実務について筆記と口述で問われる。



中小企業診断士として登録されるには
       (by 医療事務資格試験の情報サイト〜テキスト・問題集も紹介)

中小企業診断士として登録を受けるには、中小企業診断士試験に合格した後、実務補習又は実務従事の条件を満たすか、独立行政法人中小企業基盤整備機構中小企業大学校の中小企業診断士養成課程を修了する必要があります。
平成18年度以降は、中小企業診断士養成課程の受講には中小企業診断士試験の第一次試験合格が必要となる。登録の有効期間は5年間であり、登録の更新が必要になります。






TVでおなじみの生涯学習のユーキャン!、ユーキャンの「中小企業診断士講座」を調べてみませんか?

特徴:
過去問題を分析し、テキストに各学習項目の重要度を3段階(★〜★★★)で表示。“試験によく出るところ、大切なところ”がひと目で分かります。 豊富な図解を使用し、難解な用語や条文も「イメージしながら」覚えられます

 無料で資料請求できます。思いたったら吉日、即実行!



ケアマネージャー資格試験対策  介護支援専門員資格試験対策  介護福祉士の試験問題(過去問題集)など本を紹介  調理師免許試験の過去問題集など紹介  製菓衛生師資格試験の過去問題集など紹介   ファイナンシャルプランナー資格試験の情報やテキスト・問題集  医療事務資格試験の情報サイト〜テキスト・問題集も紹介  社会福祉士資格試験の情報やテキスト・問題集・講座  中小企業診断士資格試験の情報やテキスト・問題集・講座  精神保健福祉士資格試験の情報やテキスト・問題集・講座  行政書士資格試験の情報やテキスト・問題集・講座  介護事務資格(介護保険請求事務)の問題集・講座・テキスト  ケアクラーク資格(介護保険請求事務)の問題集・講座・テキスト  柔道整復師  理学療法士・作業療法士 

TVでおなじみの生涯学習のユーキャン!ユーキャンの「医療事務講座」を調べて見ませんか?、資料請求から始めてください♪
「失敗しないための、自分にあった学校の探し方とは?」
その答えはとってもカンタン。
たくさんの学校の情報を収集することです。学校の情報収集は、学校へ資料を請求するのが一番!

あなたも今すぐ情報収集を始めませんか?とっても簡単に、専門学校やスクールの資料が請求できます。
もちろん、資料・送料とも無料!

このページのトップに戻る
『中小企業診断士資格試験の情報やテキスト・問題集・講座などを紹介』
Copyright 2006 中小企業診断士資格試験の情報やテキスト・問題集・講座などを紹介 All rights reserved.