医療事務検定の情報や参考書、テキスト、過去問題集などの本を紹介
お気に入りに追加

 ■医療秘書技能検定

医療秘書とは、医師などが本来の医療業務に専念できるように医療行為以外のサポートするための資格です。患者さんと医師や、医師や看護師を結ぶ重要なパイプ役と位置付けることができます。患者が安心して治療を受けられるように、繊細な気配りや、思いやりのある人間性やコミニュケーション能力が求められる職業でもあります。

仕事の内容は、医師のスケジュール管理や学会等の資料制作、ファイリング、パソコン・ワープロ業務などが具体的な内容と言えます。医療秘書技能検定を取得することにより、医師のアシスタントを担う立場として、医療の現場で活躍することが可能です。

実施団体:医療秘書教育全国協議会



 ■資格取得方法 :医療秘書技能検定
受験資格は特にありません。受験者の能力に合わせて1級、準1級、2級、3級の4つの段階が存在しています。

☆試験内容
 
・領域1:医療秘書実務、医療機関の組織・運営、医療関連法規、医療保険制度、老人保険制度、公費負担医療制度など法規
・領域2:医学的基礎知識、医療関連知識
・領域3:医療事務(レセプト作成並びに診療報酬点数表の理解)


☆合格基準

試験は、領域T、U、V(技能審査基準参照)それぞれに100点ずつ配点されています。この三つの領域の正解の合計が全体で180点以上ある者のうち、それぞれの領域の正解が、60%以上の場合が合格となります。

2、3級は受験生が多い(数千人単位)が、準1級、1級は受験者数が少ない。
(準1級は数百人単位、1級は数十人単位)

☆合格率

・1級 = 10%前後
・準1級 = 20%前後
・2級 = 45%前後
・3級 = 70%前後





TVでおなじみの生涯学習のユーキャン!ユーキャンの「医療事務講座」を調べて見ませんか?


特徴:
ステップアップ学習法によって基礎から順を追って理解できます。実務能力養成のためには、実例を豊富に使用。忙しい方、初めての方も安心して学べます。


プランが自分で選べます。速習学習プランでは、はやく就職したい向けに、集中的に学習することで、3ヵ月程度で修了できます。ゆっくり学習プランでは、受講開始から12ヵ月まで指導サービスが受けられるので安心です。

 無料で資料請求できます。思いたったら吉日、即実行!


TVでおなじみの生涯学習のユーキャン!ユーキャンの「医療事務講座」を調べて見ませんか?、資料請求から始めてください♪
「失敗しないための、自分にあった学校の探し方とは?」
その答えはとってもカンタン。
たくさんの学校の情報を収集することです。学校の情報収集は、学校へ資料を請求するのが一番!

あなたも今すぐ情報収集を始めませんか?とっても簡単に、専門学校やスクールの資料が請求できます。
もちろん、資料・送料とも無料!

このページのトップに戻る
『医療事務資格試験の情報サイト〜テキスト・問題集・講座を紹介』
Copyright 2006 医療事務資格試験の情報サイト〜テキスト・問題集・講座を紹介 All rights reserved.