介護支援専門員資格の取得を目指す方に過去問題集・テキストを紹介しています。
お気に入りに追加

 ■介護支援専門員の仕事内容・役割



一般的な介護支援専門員の仕事内容は、まずは利用希望者宅を訪問し、介護の必要性を調査・把握。そして、関連する介護サービス業者と会議や打ち合わせを行い、その結果をもとに具体的なケアプランを作成します。その後、介護希望者への説明や得る作業、役所との連絡や書類の提出などを行います。

但し、現状では資格保持者であっても、介護支援専門員の業務のみをおこなっているケースはまれで、介護福祉士が介護支援専門員の資格をとった場合などは、業務を兼務したりしている。兼務により膨大な仕事量に追われて、本来の介護支援専門員が担っている、適切なケアプランが出来ていない場合もあるようです。

将来的には、介護支援専門員、本来の役割に専念できる環境が整っていくことが望まれます。


介護支援専門員資格は取った方がよい! 

介護福祉関連の資格の中での上位資格です。在宅介護サービスの民間施設などでは、介護支援専門員が必ず必要だったり、各種医療施設や介護、福祉の施設でもケアマネージャー資格は、募集要件となるなどしている。また、給料や雇用面でも優遇される介護支援専門員資格は、介護福祉の仕事につくなら目指したい資格といえるでしょう。

 目指せ!介護支援専門員資格!

介護支援専門員の試験は、論文や実技試験がないマークシート方式です。過去3年間の合格率も約30%と高く、今が取得チャンスの資格です。




TVでおなじみの生涯学習のユーキャン!ユーキャンの「介護支援専門員(ケアマネージャー)講座」を調べて見ませんか?

特徴:
少ない時間と労力で、いかに効率的に受験準備をしていただくかを考えて講座を作りました。
そのため、当講座は、
全国平均の2倍以上の合格率をあげています!

 無料で資料請求できます。思いたったら吉日、即実行!

TVでおなじみの生涯学習のユーキャン!ユーキャンの「ケアマネージャー講座」を調べて見ませんか?、資料請求から始めてください♪
「失敗しないための、自分にあった学校の探し方とは?」
その答えはとってもカンタン。
たくさんの学校の情報を収集することです。学校の情報収集は、学校へ資料を請求するのが一番!

あなたも今すぐ情報収集を始めませんか?とっても簡単に、専門学校やスクールの資料が請求できます。
もちろん、資料・送料とも無料!

このページのトップに戻る
『介護支援専門員資格試験対策〜過去問題集・基本テキスト・参考書』
Copyright 2006 介護支援専門員資格試験対策〜過去問題集・基本テキスト・参考書 All rights reserved.