ケアクラーク(介護保険請求事務)の情報や参考書、テキスト、過去問題集・講座などの本を紹介
お気に入りに追加

 ■ケアクラーク資格(介護保険請求事務)とは?

ケアクラーク(介護保険請求事務)は、介護保険制度により原則として介護サービス費用の10%を利用者が負担し、90%を各市町村などの保険者が負担することになっているため、それぞれに計算して利用者に請求を行う必要がある。こうした請求に関する事務を行います。請求をすると言っても、介護サービスの種類やそれを行う場所(在宅・施設など)、時間によって費用の計算は複雑で、それを把握し請求額を算出するのがケアクラーク(介護保険報酬請求事務の大切仕事です。


実際に介護サービスを行うホームヘルパーや介護福祉士に対して、ケアクラークは、介護サービスを円滑に行う為の事務の仕事を行います。「ケア」と「事務」、介護に関する2つの代表的な仕事の一つとして、大変に注目を集めている資格です。



 ■ケアクラーク関連の資格 

一言で、ケアクラーク資格といっても種類があります。

☆ケアクラーク技能認定試験(主催:財団法人 日本医療教育財団)

ケアクラーク技能認定試験の合格者には『ケアクラーク』の称号が付与されます。この称号は、介護報酬請求事務業務はもとよりコミュニケーションや社会福祉や介護技術など、ケアクラーク職として求められる知識と技能を備えていることを証明するもので、全国の事業所や施設で『ケアクラーク』が活躍しています。

☆介護事務管理士試験(主催:技能認定振興協会)

介護保険制度の仕組みを理解し、正確に介護報酬を算定し、請求できる事務スタッフ は介護サービス提供機関にとって経営のサポート役ともなる、欠かせない存在です。 介護事務管理士の資格は、介護報酬の算定に関する知識とスキルの証になります。

ケアクラークの役割(介護保険請求事務) 

介護事務の役割は、介護保険請求業務だけではなく、介護支援専門員(ケアマネージャー)が作成したケアプランが円滑に遂行されるように、関係機関やサービス事業者との窓口業務や、サービス利用者や家族への対応なども大切な役割です。








ケアクラーク講座の【賢い】選び方!



介護保険事務講座はさまざまなスクールで開講されていますが、スクールによって取得できる資格が異なります。介護保険事務講座で取得できる資格は国家資格ではなく民間資格であるため、複数の資格が存在します。
各スクールの介護事務講座の資料を取り寄せて確認してみるとよいでしょう。

 ↓↓↓(まとめて無料資料請求)

ケアクラークの資格を取るならケア資格ナビで!
全国のスクール情報満載。簡単比較、講座の無料一括資料請求。


 介護福祉士の試験問題(過去問題集)など本を紹介  調理師免許試験の過去問題集など紹介  製菓衛生師資格試験の過去問題集など紹介   ファイナンシャルプランナー資格試験の情報やテキスト・問題集  医療事務資格試験の情報サイト〜テキスト・問題集も紹介  社会福祉士資格試験の情報やテキスト・問題集・講座  中小企業診断士資格試験の情報やテキスト・問題集・講座  精神保健福祉士資格試験の情報やテキスト・問題集・講座  行政書士資格試験の情報やテキスト・問題集・講座  介護事務資格(介護保険請求事務)の問題集・講座・テキスト ケアクラーク資格(介護保険請求事務)の問題集・講座・テキスト


TVでおなじみの生涯学習のユーキャン!ユーキャンの「医療事務講座」を調べて見ませんか?、資料請求から始めてください♪
「失敗しないための、自分にあった学校の探し方とは?」
その答えはとってもカンタン。
たくさんの学校の情報を収集することです。学校の情報収集は、学校へ資料を請求するのが一番!

あなたも今すぐ情報収集を始めませんか?とっても簡単に、専門学校やスクールの資料が請求できます。
もちろん、資料・送料とも無料!

このページのトップに戻る
『ケアクラーク資格試験(介護保険請求事務)の情報サイト〜テキスト・問題集・講座』
Copyright 2006 ケアクラーク資格試験(介護保険請求事務)の情報サイト〜テキスト・問題集・講座 All rights reserved.
adaruto FX業者比較|初心者向けの外為FXおすすめ業者を紹介